青龍山開山 1150年記念 秘佛御本尊ご開扉(平成22年)

御礼の言葉

住職 伊藤 義延住職 伊藤 義延

謹啓

秋冷の候、皆々様におかれましてはご健勝の御事と存じます。

この度、当山開山1150年秘仏本尊ご開扉、開帳法会、並びに黄銅版両界曼荼羅開眼法要を、金龍山浅草寺御貫主孝尚大僧正様を大導師にお迎えし、一山住職方のご出仕により厳修致しました。

更に東京教区第一部のご住職また副住職、法嗣の方々の絶大なるご協力のもと、総本山、御紋跡寺院及び全国より馳せ参じて下さった諸大徳様方、またご激励ご支援下された諸大徳様の方々に支えられ、八日間にわたる大法会を円成することができました。誠に有り難く心より御礼申し上げます。

仏典のご加護のもと天候にも恵まれ、成功裡に結願、閉扉を迎えることができました。

この度御開帳されました秘仏は宗祖大師ご親刻の頭身大座のお薬師様であります。今回は開山以来、初めて全身を拝する機会と致しました。参詣の老若男女の方が口々に感激の声を上げられ、仏縁を有り難く感謝しておりました。

尚、今後の御開帳は御本尊の十二大願、十二神将に囚み十二年毎に厳修することに致しました。

皆様方、ご支援ご激励いただきまして誠にありがとうございました。重ねて心より御礼申し上げます。

気候不順であり、寒さに向かう侯ご法体お大事になさり、更にご活躍されますようまた、さらなる仏典のご加護がありますようお祈り申し上げます。

誠にありがとうございました。

フォトギャラリー

写真の上にマウスを載せると「スライドショーメニュー」を表示しますので、再生をクリックしてください。

秘仏本尊御開扉の様子

秘仏本尊御開扉祝賀会

御練り供養

薬師如来様全身開帳

 このたび開山1,150年を迎え、衆生利益のために刻まれた薬師如来様のご開帳を行い、開山以来初めての全身開帳を致すことになりました。

曼荼羅供

秘仏本尊の御開帳、及び「両界曼荼羅」のご開眼を記念して、近隣の天台宗若手僧侶により、金剛界曼荼羅供法要厳修いたしました。

大日如来の悟りの
智慧を象徴「金剛界」

如来の慈悲による
救済を象徴した「胎蔵界」

告知ポスター

青龍山開山 1150年記念 秘佛御本尊ご開扉 告知ポスター(559KB)

同時開催 寺宝展

葛飾区一の文化財の宝庫をご覧になれる「寺宝展」が同時開催されました。